便秘に良いとされるオリゴ糖とは? 赤ちゃんの便が出ないならカイテキオリゴ

便秘に良いと言われているオリゴ糖とはいったいどんなもの?

<< オリゴ糖とは >>

オリゴ糖のオリゴとは、ギリシャ語の「少ない」という意味。

天然の動植物中にもともと含まれているオリゴ糖は
ほとんどがスクロース、ラクトース、トレハロース、
マルトースなどの二糖類であり、
三糖類より多くの糖が結合しているものの、量は少ない。
天然から見出されているものとしては三糖類では
ラフィノース、パノース、メレジトース、ゲンチアノース、
四糖類ではスタキオースなどが知られている。
また、
ブドウ糖が環状に結合したオリゴ糖として
シクロデキストリンがある。

そして、
一般にブドウ糖や果糖などの単糖類が
2〜10個程度結びついたものを総称してオリゴ糖と呼んでいる。
しかし、
明確な定義はないので二糖類であるショ糖(砂糖)、麦芽糖も
分子構造からは、オリゴ糖としている。

しかし、近頃ではこれらの糖以外に、
フラクトオリゴ糖などのように
乳糖、ショ糖、でんぷんや食物繊維などに酵素を作用させたものや、
大豆オリゴ糖やラフィノースのように
それぞれ大豆やビート(砂糖大根)から天然成分を
抽出・分離したものなど
さまざまなオリゴ糖が作られている。
今では、オリゴ糖というと
「大豆オリゴ糖」や「ラフィノース」を指すことが多い。


<< オリゴ糖の特徴 >>

ほぼ、共通的に
次のような生理調節と食品の品質改善の両面の働きを持っている

● 腸内有用菌の活性化
(消化されずに大腸にまで達し、ビフィズス菌の栄養源になる)
● 大腸ガン予防
● 虫歯の原因になりにくい
● 甘味の低減
● 低カロリー

1回に多量に摂った場合、
種類によっては程度に差はあるが、一過性の下痢作用 、
またオリゴ糖によっては体の調子を整える働きは持たず、
品質改善のみに優れているというものもある。

カロリーに関しては、砂糖の半分以下。
しかし、
オリゴ糖は体内に吸収されずに排出されるため、
実際のカロリーはほとんどないためダイエット向き。

オリゴ糖の特長を生かした商品としては、
砂糖に代る甘味料あるいは整腸用として顆粒状やシロップ状で
そのまま食べるものがあるほか、
飲料、菓子、プリン、パン、ジャム、ハム、かまぼこなど
いろいろな加工食品に利用が拡がっている。

そして、オリゴ糖は様々な研究により
ビフィズス菌などの腸内善玉菌を増やす効果がある事が確認され、
さまざまな生理活性作用が期待され健康食品に利用されている。
このように、腸内善玉菌を増やす効果がある物質を
「プレバイオティクス」と言い、整腸作用を期待し
特定保健用食品として利用されている。
安価に単体で純度を高めることが困難なため、
市販品の多くは液体で流通している。
「プレバイオティクス」には、
「ガラクトオリゴ糖」や「フラクトオリゴ糖」などがある。

★ラフィノースの高純度粉末品は
医療用で移植臓器の保存性向上剤としても利用されている。

★フラクトオリゴ糖は、
腸内細菌研究の第一人者として知られる光岡知足氏により
ビフィズス菌の増殖活性に優れていることが確認された。


★ラフィノースとは?





タグ:オリゴ糖
posted by 赤ちゃんの便がでない at 15:20 | 便秘に良いとされるオリゴ糖とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。